ヴァンパイア&ゴシック・アート
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
†スペシャリテ†の補足説明

†ピノー・デ・シャラント 7年†

種別 : ヴァン・ド・リクール(酒精強化ワイン) 生産者 : レロー家. 産地 : フランス コニャック地方. 品種 :ユニ・ブラン. アルコール度数 : 17度
このワインは魅力的で、濃い黄金色をしている。魅力的で芳香の強いブケ、ほのかに藁のようで、へーゼルナッツとハニーが少々ある。こくがあり、まろやかでスムーズ、ハニー、葡萄のような口蓋を満たす風味がある。魅力的で柔らかく、フルーティーな後味があり、全てのアロマが余韻に残る。

†コニャックに葡萄果汁をミックスして造る【ピノ-・デ・シャラント】
頂いたのは今回の試飲会が初めてだったのですが、まるで、口当たりと云い、喉越し、飲後感までが甘やかで蠱惑的な高級デザートといった様子。
15年はお値段も然る事ながら、余りにも濃厚なデカダンスの様相を呈しているので、今回は7年の軽やかなデカダニズムノで、手討ちとなりました。



†Feher Arany フェア アラニー (2007)†

印象的でクリア、鮮やかで濃い麦わら色。複雑で芳香の強いノーズは、ローズ、アプリコット、ハニーの含みを示す。ミディアムボディ、フレッシュでフルーティー、調和しており、熟し少々スパイシーな果実味の核と、柔らかくきれいにバランスの取れた酸味を持つ。アロマは風味で反映され、長い後味で快く余韻に残り、ハニーの含みがエコーし続ける。
おすすめのお食事
フルーツタルト等のデザートと合わせて、または食後酒として。
伝統的にこのワインは、ロックフォール、ゴルゴンゾーラ、ブルー・ドーヴェルニュなどのブルーチーズと共に最も素晴らしく楽しめる。チーズに横たわる、ほろ苦い風味が、このワインのアロマと完璧に調和します。

†ハンガリーの白ワインです。ハンガリーの王侯貴族に愛された味ノノとの評判も頷けます。寒い國の濃厚な料理やスウィーツに合って、まったく、引けを取らない優雅さと、まるでワルツに誘うように手を差し伸べてくる様な礼儀正しく、しかし甘美な誘惑はとても気品に満ち貴族的です。
官能的な甘さを持ちつつ、けして嫌味の無い上品さがとても魅力的な1本です。



†Bor Forras ボール・フォーラス(2007)†
クリアで鮮やかなブラックルビー色をし、縁は若々しい紫色の色調を持つ。

†こちらもハンガリーのワイン。あまり文章での資料が見つからなかったので、個人的な感想となりますがノノまず、特筆すべきは、やはり美しい宝石のような色と、濃厚で芳醇な香りに反して、口に含んだ時の軽やかさと優雅さ、華麗さには驚かされます。深紅から薔薇色に掛けてのグラデーションの美しいドレスの裾が女性のターンに合わせて華やかに開くかのような優美さです。
赤ワインに力強さを求める方には、少々、役不足かとも思われますが、華やかで優美で繊細な、貴婦人のような赤ワインです。




| 08:38 | † お知らせ † | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://roseandblood.jugem.jp/trackback/66